毛髪の80〜90%がケラチンというタンパク質、残りはメラニン色素、水分、脂質などで構成されています。3層で構成されており、それぞれが違った構造をしています。

◇髪の三構造◇

中心 毛髄質(メドゥラ)

中間 毛皮質(コルテックス)

外側 毛表質(キューティクル)

キューティクルは髪の内部を保護する役目があり、キューティクルが剥がれることで髪のダメージが進行していきます。

 

頭皮は皮膚なので「表皮→真皮→皮下組織」の3層構造になっています。

髪の根元は毛細血管に繋がっており、その毛細血管から髪に栄養が運ばれるため、毛細血管の活性化が健康な毛髪を維持します。

髪の毛にはメラニンがあり、メラニンの量が多いと色は濃くなり少ないと白髪になります。

 

☆毛穴の汚れをすっきり落とすヘア用オイル☆

1つの毛穴からは2〜3本の髪の毛が生えています。汗をかいたり、空気中の汚れがついたり、頭皮の毛穴は想像以上に汚れています。

たっぷりオイルを頭皮に塗り、毛穴の汚れを浮かび上がらせ、汚れを取り除くことから頭皮ケアが始まります。

 

◯用意するもの◯

・遮光ビン(30ml)

・植物性オイル(30ml)

・精油(ジュニパー4滴、レモン5滴、パルマローザ3滴)

〜使い方〜

①髪の毛よりも頭皮に精油を混ぜたオイルをたっぷり付けます。

頭皮に刺激を与えながら、頭皮全体をトリートメントする(写真参考→指先を広げ指の関節全部を曲げて、髪の毛の生え際から頭のてっぺんまで流す。または耳と頭のてっぺんの間、おでこと頭のてっぺんの間を指のお腹で揉んでみたり頭皮を動かしてみる。) ※爪は立てないように注意する

②時間に余裕がある場合はオイルトリートメント後、ラップを頭全体にかけ10分ほど放置しておくと、汚れだけでなく頭皮が柔らかくなり血液循環が良くなります。