妊娠中は身体に悪影響を与える恐れのある為に、使用してはいけない精油やハーブもあります。ただし、反対に良い影響をもたらしてくれる精油やハーブもたくさんあります。

効果的に使用して、妊娠中の不快感や体調の緩和に役立てましょう。

 

【妊娠中にオススメのアロマセラピー】

◯イライラ解消◯

ゼラニウム1滴、ベルガモット1滴

イライラや興奮を鎮めるゼラニウム、不安や緊張を和らげるベルガモットを使用し芳香浴で心を落ち着かせましょう

 

◯リラックス◯

オレンジスイート3滴、ラベンダー1滴

ストレス解消効果のあるアレンジスイート、不安やストレスを和らげて安眠を助けるラベンダーを浴槽にお湯を張り、上記の量を守って精油を垂らし素敵なバスタイムにしましょう

 

◯つわりを和らげる◯

ペパーミント小さじ1、レモンバーム小さじ1、ローズマリー小さじ2分の1

リフレッシュ効果のあるペパーミント、解読効果が期待出来るレモンバーム、すっきりとした香りのローズマリーをブレンドしたハーブティーが、胃腸のムカムカを緩和してくれます

 

◯妊娠線予防◯

スイートアーモンドオイル25ml、オレンジスイート1滴、ネロリ1滴、ラベンダー1滴

皮膚の潤いが足りないために表皮が伸びにくくなると妊娠線ができやすく、また痕も残りやすくなるので、妊娠中期からトリートメントして予防していきましょう